産業医に求められる新型インフルエンザ対策 -新型インフルエンザ流行期別チェックリストと対策支援ツール集-
| 企業向け新型インフルエンザ対策研究
 
第1章 海外発生期 チェックリスト
 
・危機管理体制(情報収集・周知)
1) 
保健所やその他の公的機関、経営者団体等から新型インフルエンザのパンデミック(大流行)状態についての最新情報を集め、簡潔かつ平易にまとめた上で担当者や従業員達に伝達します。
→「新型インフルエンザに関する情報収集リンク集」
→「担当者への連絡内容(メール)」

2) 
事業所周辺の地域行政・医療体制の対策状況や連絡先を確認し、従業員に対しても「発熱相談センター」などの問い合わせ窓口、感染者の受け入れ可能な医療施設に関する情報を提供します。
→「最寄りの地域医療体制の確認と情報提供」

・事業継続計画(BCP)
3) 
新型インフルエンザの流行から従業員と事業を守るため、経営者の意思(方針)が示されているかを確認し、必要に応じて助言します。
→「経営者の意思(方針)確認」

4) 
BCPの有無を確認し、無ければ作成するよう助言します。BCPがあるなら、人と人の接触の機会をできる限り減らす仕事手順、個人の衛生習慣、必要な医療サービスなど医学に関わる内容が適切かどうかを確認します。
→「BCPの確認と助言」

・感染予防対策
5) 
海外出張の取り扱い、駐在員への配慮について医学的見地に基づき助言します。
→「海外出張者、駐在員への対応」

6) 
十分な食料、水、不織布(ふしょくふ)製マスク、手指消毒薬などの新型インフルエンザのパンデミック(大流行)時に必要なものの備蓄状況を確認します。
→「備蓄状況の確認」

〜事業継続計画(BCP)とは〜
「事業継続計画」(BCP;Business Continuity Plan)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。


文責:環境疫学研究室/