産業医に求められる新型インフルエンザ対策 -新型インフルエンザ流行期別チェックリストと対策支援ツール集-
| 企業向け新型インフルエンザ対策研究
 
第2章 国内発生早期 チェックリスト
 
・危機管理体制(情報収集・周知)
1) 
保健所やその他の公的機関、経営者団体等から新型インフルエンザのパンデミック(大流行)状態についての最新情報を集め、簡潔かつ平易にまとめた上で担当者や従業員達に伝達します。
→「新型インフルエンザに関する情報収集リンク集」
→「担当者への連絡内容(メール)」

2) 
新型インフルエンザに関する情報を従業員と共有し、安全衛生委員会を通じて必要な対策を検討します。
→「安全衛生委員会での報告、情報提供」

・事業継続計画(BCP)
3) 
他社の対応策を集め、企業のBCP策定や自身の活動に活用します。
→「他社の具体的対策・BCPの活用および情報収集」

・感染予防対策
4) 
従業員の日常の健康状態を管理できる体制づくり、従業員および来訪者の入門時規制について、医学的見地に基づき助言します。
→「従業員の健康状態の管理体制」

5) 
産業医職場巡視の中で、職場での人と人が接する機会や衛生設備の状況について確認し、感染予防に必要な助言を行います。
→「新型インフルエンザ巡視チェックリストを活用した職場巡視」

6) 
従業員が抱えている不安や疑問に応えるために、新型インフルエンザに関する知識や奨励される予防策等(職場・個人での対策)について、産業医講話や社内報などを用いて周知します。
→「社内報(新型インフルエンザに関する知識)」
→「新型インフルエンザ衛生講話(一般従業員向け)」
→「新型インフルエンザ衛生講話(管理職向け)」


文責:環境疫学研究室/