産業医に求められる新型インフルエンザ対策 -新型インフルエンザ流行期別チェックリストと対策支援ツール集-
| 企業向け新型インフルエンザ対策研究
 
第4章 小康期・準備期 チェックリスト
 
・危機管理体制(情報収集・周知)
1) 
新型インフルエンザのパンデミック(大流行)の終息に関する情報を集め、従業員の感染状況などを考慮しながら、対策の解除について助言します。
→「新型インフルエンザ対策の解除」

・事業継続計画(BCP)
2) 
一連の対応を評価し、今後の新たな新型インフルエンザのパンデミック(大流行)に備えて、会社として準備するべき予防策について、安全衛生委員会等を活用し検討します。
→「新型インフルエンザ対策の評価と改善」

・感染予防対策
3) 
職場の感染リスクを評価し、作業場の実情に応じてリスク低減を図ります。
→「新型インフルエンザに対するリスクアセスメントと予防対策」

4) 
季節性インフルエンザが流行する時期には、従業員に、インフルエンザに関する知識や正しい手洗いやマスクの着用の方法を指導し、知識の普及に努めます。
→「社内報(季節性インフルエンザに関する知識)」
→「季節性インフルエンザ衛生講話(一般従業員向け)」


文責:環境疫学研究室/